ルートインホテルズ

ルートインホテルズ CM特設サイト

出演者

このたび、ルートインホテルズは朝ドラのヒロインを演じたシャーロット・ケイト・フォックスさんとCM契約を締結し、4月より放送を開始いたします。
シャーロットさんが単身日本で活動しながら、たくさんの出会いを通してひたむきに努力する姿と、弊社そして今回のCMコンセプトである『人(お客様)との出会いを大切にする』という考えが一致し、CMキャラクターとして起用する運びとなりました。
またCMソングは、その柔らかな歌声で聴く人を魅了する手嶌葵さんと、数々のCM音楽や映画のサントラ等を手がける真部脩一氏により、素晴らしい楽曲に仕上がりました。
創業40周年の新たな幕開けとなる今年、国内外にホテルや飲食店などを展開するルートイングループは、CM同様に“人との出会い”を大切にしたホテル運営を目指して参ります。

シャーロット・ケイト・フォックス

シャーロット・ケイト・フォックス(CHARLOTTE KATE FOX)

1985年8月14日生まれ。米国出身。
米国俳優協会 (Actors’ Equity Association) 会員。
「カレッジ・オブ・サンタフェ」演劇ダンス専攻、BFA(学士)。
「ノーザンイリノイ大学」演劇専攻、MFA(修士課程)修了。
更に「ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング」等、著名スクールで演技・ダンススキルを磨く。

レパートリー・シアター舞台「毛皮を着たビーナス」「ザ・スメル・オブ・ザ・キル」「シカゴ(ミュージカル)」「バスストップ(バス停留所)」ではメイン キャラクターを演じ複数の地元新聞の演劇レビューにてその演技力・ダンスのスキルに高い評価を得る。
連続テレビ小説「マッサン」では、ヒロインの大役に挑戦。
CM出演の他、今秋はニューヨークのブロードウェイでミュージカル「シカゴ」の主演が決定。年末には来日公演も予定。

特技・趣味はダンス、乗馬、洞窟探検、ロッククライミング、ギター。

CMソング

手嶌葵

唄:手嶌葵(てしま あおい)

1987年6月21日 福岡県生まれ。
TEENS'MUSIC FESTIVAL協賛「DIVA」で歌った「The Rose」がきっかけとなり、2006年ジブリ映画『ゲド戦記』のテーマソング「テルーの唄」でメジャーデビュー。
以降、映画の主題歌をはじめ、CMソング等で絶大な支持を得ている。

ルートインホテルズCMオリジナルソング

素朴で優しい、CMの世界観にマッチした心に響く楽曲です。
唄:手嶌葵
作詞・作曲・プロデュース:真部脩一

下記より楽曲を試聴できます。

ルートインホテルズCMオリジナルソング

監督:影山二郎(右脳事件株式会社)

今回のCM作品について
今回の作品は、『ささやかだけれど、好ましいこと(A small, good thing)』をテーマに、ルートインホテルズが提供している、通常サービスの先の、“おもてなしの気持ち”を表現する作品になっています。
その“おもてなしの気持ち”を通して、ホテルスタッフとお客様が、立場を超えた一人の“人”として“出会っていく”ことを、ストーリーにして紡いでいます。

シャーロットさんについて
コマーシャルという、時間的制約の大きい映像においては、非常に短い時間で、わかりやすく演技をして頂くことが大変重要です。
シャーロットさんは、その点を良く理解して、ご覧になる方たちにわかりやすくなるよう、常に工夫して演技を作っていたのが印象的でした。
また、短期間で多くのシーンを撮影するために、時間的にかなり過酷な現場となりましたが、持ち前の明るさで現場全体を和ませてくれるそのキャラクターには、スタッフ一同、かなり助けられたと思います。

撮影現場のルートインスタッフさんについて
撮影は、オープン前のルートインホテルをお借りして行われました。
ルートインホテルスタッフの皆さんには、早朝から深夜まで、様々な形で撮影をサポートして頂きましたが、 撮影でお邪魔している私たちにも、細やかに気を配ってくださって、まさに映像の中で表現しようとしていた“ホスピタリティ”を、私たち自身が感じることとなりました。
わずかな時間の中でも、ささやかだけれど感じられる“おもてなしの気持ち”。それがルートインホテルズさんの“心地よさ”につながっているのだと、実感致しました。
ありがとうございました。

» CM特設サイト 一覧ページへ戻る